三村が語る三田崎 食品(株)の愚痴|求人に応募した人達の愚痴

新着情報

  • 矢野麻耶が語るFCキンダーの愚痴

    応募した人の声2015年8月11日

    私は、働ける時間が限られているので自分にあった時間で仕事を探しました。私が選んだ仕事は...

  • 渋谷昌明が語る垂範鮨の愚痴

    応募した人の声2015年6月19日

    私が求人を見て興味を持ち応募を出したお店は、日本の人であれば嫌いな人を探す方が難しいと...

  • 佐藤礼二が語る岩倉放送の愚痴

    応募した人の声2015年6月18日

    私はレポートの仕事をしているレポーターなのですが、この仕事は本当に簡単だと思って応募し...

三村が語る三田崎 食品(株)の愚痴

三村さん、どんな求人に応募したの?

自分には、会社で作業をするサラリーマンというのは性に合っていないと思っていたから「三田崎 食品(株)」という所の販売部門に応募しました。

で、その求人のどこに惹かれたん?

販売というのは、人と会話をして販売するものの良さを知ってもらい、それを買ってもらうんだと思っています。私は昔から人と争うのは嫌いでしたが、人より多く売るのは好きでした。私が好きな物を多くの人に知ってもらいたいと思い、どうすれば多く買ってもらえるのかを考ええ抜いたことがあります。それが実行出ることに惹かれました。

仕事してどんな嫌なことがあったのよ。

スタッフの悪口

同僚の悪口を言っているのを聞いた時が一番嫌でしたね。私は、誰かと競うことは好きではありませんでした。どちらが多く売れるか切磋琢磨しているのであれば、店の売り上げもあがるので店からしたらいいことだらけです。でも、その行為を嫌って、同僚をおとしめようとしているスタッフがいる意味が分かりません。何を目的に働いているのか分からないからです。そういう人は、働かずに家にいればいいのにと思ってしまいます。

無謀な目標

売り上げが良い日もあれば悪い日もあります。ですが、仕事始める前にスタッフの士気を高める為なのかどうかは知りませんが昨年の売り上げは「○○,○○○円」でした。本日も昨年を超した売り上げをだしていきましょう!!という言葉を毎日いうのはいいのですが、言われるスタッフの事を考えたら違う言い方をしてくれると助かると思った事が何度もあります。販売をするのに得手不得手があるので苦手なひとにまで強要しなくてもよいのではないかと思った事が何度もありました。

「応募した人の声」関連情報一覧

Copyright © 2024 求人に応募した人達の愚痴. All Rights Reserved.