川北マコミチが語るヤドマカーSの愚痴|求人に応募した人達の愚痴

新着情報

  • 矢野麻耶が語るFCキンダーの愚痴

    応募した人の声 2015年3月25日

    矢野麻耶さん、どんな求人に応募したの? 私は、働ける時間が限られているので自分にあった時間で仕事を探しました。私が選んだ仕事は男性がほとんどしない仕事です。私が応募した仕事はテレホンアポインターの仕事です。   で、その …

  • 渋谷昌明が語る垂範鮨の愚痴

    求人info 2015年3月25日

    渋谷昌明さん、どんな求人に応募したの? 私が求人を見て興味を持ち応募を出したお店は、日本の人であれば嫌いな人を探す方が難しいと思われる鮨店です。お寿司を握るまでには何年もかかります。それを分かっていても寿司職人にはやはり …

  • 佐藤礼二が語る岩倉放送の愚痴

    応募した人の声 2015年3月25日

    佐藤礼二さん、どんな求人に応募したの? 私はレポートの仕事をしているレポーターなのですが、この仕事は本当に簡単だと思って応募しました。   で、その求人のどこに惹かれたん? 自分の気持ちでインタビューをしたりしなかったり …

川北マコミチが語るヤドマカーSの愚痴

川北マコミチさん、どんな求人に応募したの?

私は、若者にそこそこ人気のあるヤドマカーS略してヤS(ヤズ)の求人に応募しました。何度か店に行ったことはあるのですが従業員同士も中が良さそうで雰囲気も良かったので応募しました。

 

で、その求人のどこに惹かれたん?

何度か客として行った時の従業員の笑顔が良かったです。特に印象が残っているのは、やはり笑顔が飛び切り良かった女性スタッフです。仕事で惹かれた部分は行動が各自しっかりと分担化されている所です。店の中に自分達の担当場所が決められていて、自分の場所は徹底して自分で作業を行なっている姿が格好よいのとそれを何にも云わずフォローしている他のスタッフがとても印象的で惹かれました。

 

仕事してどんな嫌なことがあったのよ。

先輩が休む

客として来ている時に、困っているスタッフをカバーするという姿は私の時にはありませんでした。必死に動き回っても追いつかない時があり店長に何とも叱られました。憧れの女性スタッフは何度か助けてくれましたが男性スタッフは1度も助けてはくれませんでした。

 

賄の差

何がどうなってこうなったのか分かりませんが、賄がビックリする位少ないのです。しかも毎回。4人のスタッフが働く時には4人分あるのが普通なのですが、3.5人分くらいしかないのです。男の先輩が食べているとしか思えません。

 

そうかい、それでも続けてる理由って何?

我慢すれば我慢するほど自分が人間的に良くなっているように感じられるから我慢しています。人間的に成長する為に必要なのかと考えたので我慢して仕事をしています。

「応募した人の声」関連情報一覧

Copyright c 2017 求人に応募した人達の愚痴. All Rights Reserved.